絵本を開いて、扉を開けて


絵本や物語の世界でゆったりと自分の時間を過ごしませんか?

kotokoto*cottontail (コトコトコットンテイル) の kasumi (かすみ)です。

 

大型台風による関西方面の被害や北海道の地震など、自然災害が続いています。被害に遭われた方々が、どうか心穏やかに過ごせますように。

 

私はすぐになんでも周囲の影響を受けてしまうので、こういうときはあえて気持ちを切り替えて、少し客観的に自分の意識を持ってみたりするのですが、今回は身近にいろいろあって…。

 

たくさんの人

絵本『たくさんのドア』アリスン・マギー / 文 ユ・テウン / 絵 主婦の友社

 

これからを生きる子どもたちに向けて、とてもストレート応援してくれる絵本ですが、大人の私も勇気をもらいました。

「あなたはまだしらない じぶんがどれほどつよいかを」

人生、ホントにたくさんの扉を開けて歩いて行くことになります。それは大人になっても変わらないですね。

何か決意して新しいことを始めようとすると目の前に分厚い扉が現れる。それは自分の心が作った扉なのかもしれません。でも自分で作ったのなら開け方も自分が知っているはず。そう信じて進んでいきたいですね。

 

昨日、久しぶりに見た虹。目の前に大きく広がっていました。

虹

自分のとらえ方次第で、物事ってどういう方向にでも向かって行くんだろうな。きっと今この時のことも、振り返ればよかったと思える時が来る。それならその未来のためにも今を大切にしたい、そう思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。それではまた。

 

絵本セラピスト協会

 


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

Creema ギャラリーページ

クリーマ

minne ギャラリーページ

ミンネ

BASEバナー

◆ 詩画集「月あかりの贈り物」: ひとりの時間に寄り添うメロディー

月あかりの贈り物

◆ 詩画集「扉を開けて」: 新しい物語の主人公になるために

扉を開けて

2018年09月09日 | Posted in ブログ | タグ: , No Comments » 

関連記事

Translate »