つくること観ること考えること


絵本や物語の世界でゆったりと自分の時間を過ごしませんか?

kotokoto*cottontail (コトコトコットンテイル) の kasumi (かすみ)です。

 

もう9月ですね。

なぜか9月になった途端、朝晩の空気がすっかり秋らしくなった気がしています。

ちょっと前までの真夏の暑さがうそのようですが、そんななか東京へ行ってきましたよ。

 

こちらは下北沢の可愛い雑貨屋さんのneedleさんで開催された

Beads.Michel(ビーズミシェル)のmisatoさんのワークショップに参加しているところ。

IMG_5261

手持ちのパーツやお店のパーツでオリジナルアクセサリーの制作ができるんですよ。

私はこういう可愛いパーツは大好きで見ているだけで嬉しくなってしまうのですが、それをアクセサリーにしたりなどはほとんどしたことがなくて、以前から機会があったら、こんな親切に教えて頂けるワークショップに参加したいと思っていたんですよ。

今回は募集を締め切った後だったのですが、せっかくちょうど東京へ行く機会があったので、お願いして参加させて頂きました。ホントは事前に「こんなものを作りたいのです」と相談して準備して行くのですけどね。

IMG_5263

ピンワークを教えて頂きました。慣れないとなかなかの力仕事^^;

説明しながらスイスイとやってしまう美里先生、さすがです!

IMG_5266

短い時間でしたがこんな感じにできました!

、、、って、繋ぐところはほとんど美里先生がぱぁーっと。。。

とはいえ、自分で作ったアクセサリーってまた一段と可愛く感じるものですねぇ。。。(´∀`)

 

今回はとにかくやってみたい!という気持ちだけで参加しましたが、今度参加できる機会があれば、作りたいものをしっかりイメージして、たっぷり相談して準備してから行きたいです。

ちょっと今つくりたいなぁと思っている作品のイメージが浮かんでいて、何か活かせたらいいなぁなんて思ったりしています。

 

最近よく思うのは、完成されたステキな作品に触れられることもいいですが、やはり体験できることっていいですね。ワークショップなどでみんなでわいわいものづくりできるって、おばあちゃんになっても楽しいだろうなと思います。そういう空間を提供できる人って素直にステキだなぁって思いました。

IMG_5268

IMG_5267

 

ワークショップは今月も開催されるようなので、気になった方はぜひ。

こちらから→

Beads.Michel(ビーズミシェル)のmisatoさん

 

 

 

東京はいいですね。常に魅力的な美術展がたくさん開催されていて。

東京駅からすぐなのに、東京へ行ってもなぜか行けずにいた、以前から行きたかった美術館へも行ってきましたよ。

 

三菱一号館美術館のレオナルド×ミケランジェロ展を観てきました。

建物がとってもステキでゆったりと過ごせるところでした。

 

IMG_5276

木漏れ日がまたステキです。^^

IMG_5277

窓からの景色にもうっとり。

IMG_5279

写真撮影okのお部屋も。

さすが巨匠のデッサン、こんなに大きく並べられると圧倒されます。。。

向かって左がレオナルド・ダ・ヴィンチ、右がミケランジェロの作品ですよ。

 

鑑賞後は、美術館に併設のカフェにも行きました。

Cafe 1894

IMG_5290

結局1時間くらい待ったかな。

たっぷり考え事もできました。。。

IMG_5282

とてもクラシックな雰囲気で居心地良かったです。

IMG_5287

展覧会タイアップメニューのティータイムのパラゴーネというデザートを頂きました。

私は帰りのバスの時間が迫っていたので、かなり慌ただしかったですが、残りの会期中はほとんどの日が23時まで開いているようですね。18時以降は予約もできるようなので、ゆったり過ごせる方は先に予約しておいて美術鑑賞というのがいいと思いますよ。

 

レオナルド×ミケランジェロ展

2017.6.17(土)〜9.24(日)

三菱一号館美術館

 

会期残り少なくなってきましたので気になった方はお急ぎを。

 

なかなかブログ、更新できていませんが、インスタグラムがいちばん更新しているので、よろしければリンク先からご覧くださいね。

インスタグラムにもアップした新作イラストもネットショップに追加準備中です。

IMG_5325

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それではまた。

 


にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ

にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・自作ポエムへ

Creema ギャラリーページ

クリーマ

minne ギャラリーページ

ミンネ

◆ 詩画集「月あかりの贈り物」: ひとりの時間に寄り添うメロディー

月あかりの贈り物

◆ 詩画集「扉を開けて」: 新しい物語の主人公になるために

扉を開けて

関連記事

Translate »